• ホーム
  • 避妊薬以外の昔の避妊法と、IUDによる避妊について

避妊薬以外の昔の避妊法と、IUDによる避妊について

最近の一般的な避妊方法には、避妊薬である「低容量ピル」を処方してもらって毎日服用したり、またはアフターピルを服用したり、男性の方ならコンドームを使うなどの様々な方法があります。
避妊薬を使わない避妊方法では、昔の避妊法には「IUD」というものがありました。
もちろん現在でもありますが、IUDは使用するのに少々面倒なことが多い避妊具です。
昔の避妊法、IUDとは、女性が膣内に装着するような形の避妊具であり、避妊薬というよりも一種の器具だと言えます。

女性がこのIUDを装着するためには、産婦人科などで子宮のサイズを測ったり、子宮の位置を測定したり、骨盤内の臓器の検査などを行ったりといった、多少面倒な検査をする必要があるため、現在では使用する方は少なくなっており、そのために「昔の避妊法」と呼ばれています。
また、装着するには「出産経験があること」が条件となっていますので、とくに晩婚化や高齢出産の進んでいる現在では、余計に昔の避妊法となっているのでしょう。

IUDを装着して避妊することのメリットは、「IUDの位置がずれていないか?」などを確認するために、装着してから1ヶ月後や3ヶ月後、または1年後などの定期的な検診が必要になるものの、一度装着すれば数年間にわたり避妊が可能になるという点です。
若い頃に何人か子供を産んで「もう何年かは子供は要らないわ、作らなくていいわ」という場合には、IUDはたいへん有効な避妊方法だと言えるでしょう。
しかし、IUDの装着によって月経時の出血の量が増えてしまう方もおり、個人個人の体質によっては合わない方もおられます。
なのでやはり、一概に「一番簡単な避妊方法」とは言いにくいです。

関連記事
ホルモン分泌を抑制する避妊薬と血栓の可能性 2020年01月15日

避妊薬によっては、ホルモン分泌を抑制して妊娠しないようにするものがあります。仕組みとしては、避妊薬を飲むと脳内で必要なホルモン分泌が行われたと判断されて排卵が起こらないようにするものです。ホルモン分泌を抑制する避妊薬を手に入れるには、医師から処方してもらうとよいです。この避妊薬には、副作用がありその...

次の生理を明確にする避妊薬はむくみの副作用がある 2019年12月17日

近年、避妊を目的として避妊薬が数多く使われています。また、避妊の目的のみならず、月経困難症や生理不順で悩んでいる女性にも多く使われています。次の生理がいつ来るか、基礎体温などで計って自分で予測を立てるのもいいですが、避妊薬を使えば更に明確になり、きっちりとした生理周期がわかるようになります。月経が開...

避妊方法の種類別の成功率について 2019年10月04日

現在世の中には様々な種類の避妊方法が存在しています。そしてどの種類の避妊方法も、ある程度高い成功率をほこっています。なので人々は安心してこれらの避妊方法を用いて、健全なセックスライフを送ることが出来るというわけです。それでは具体的にどの種類の避妊方法が成功率が高いものとして有名なのでしょうか。まず最...

排卵日前でも有効なのか避妊薬や避妊剤 2019年11月18日

避妊薬の効果を100%発揮するには、適切なタイミングで使用する事が欠かせませんし、失敗を行えば目的は達成出来ませんから、防ぎたい結果が予防出来なくなります。排卵日前から使う必要がある避妊剤は、避妊薬の中でも計画性が重要ですから、前もって使用を始める必要や、欠かさず生活に導入する意識が重要といえます。...

避妊薬を使った場合の失敗例 2019年09月05日

避妊薬を使っていながらも避妊に失敗し妊娠してしまうケースがあります。まず低用量ピルの場合ですがきちんと毎日飲んでいれば失敗する事は有りません。100パーセント妊娠しない体にできるのです。しかし、つい飲むのを忘れてしまった場合妊娠しない体ではなくなっているためタイミングが悪いと妊娠してしまう可能性があ...