• ホーム
  • 次の生理が遅れる可能性が大きい経口避妊薬について

次の生理が遅れる可能性が大きい経口避妊薬について

避妊に失敗した可能性がある場合に使用するアフターピルと言われる経口避妊薬があります。
こちらは女性がやむを得ない理由で避妊に失敗したときに、ホルモン避妊薬を服用することで、妊娠を回避することができます。
避妊薬は性行為の後72時間以内に服用することが決められており、その12時間後に2回目の服用をすることで効果を発揮します。

アフターピルは多くの方が胃がムカムカしたり、吐き気を催すなどの副作用に見舞われることが少なからずあります。
その場合は、吐き気止めを飲むなどして、充分対策を行う必要があります。

次の生理が遅れることが大きいのも避妊薬の特徴です。
元々の周期で来る人もあれば、そうでない人もいます。
アフターピルは体内のホルモンバランスが乱れて生理不順になるという副作用があるので、服用する場合は説明をしっかり頭に入れないといけないです。

次の生理が遅れることが可能性として大きいですが、それくらい強い効き目のあるのが避妊薬なのです。
緊急に使用することで体に薬の負担がかかったこともあり、生理周期に影響を及ぼすことになりますから、当然副作用は強いです。
ですが、避妊に失敗したと嘆いていてはどうしようもありません。
ゆっくりしている時間もありません。
72時間以内というタイムリミットを守れば、望んでいない妊娠を防ぐことができるのです。

本来は、きちんとパートナーと避妊をして楽しい時間を共に過ごしていければいうことはありませんが、人間ですから、失敗は1度や2度はあるでしょう。
生理周期は多少乱れ、次の生理が遅れることも大きいという副作用はありますが、アフターピルを服用するとその後、ちゃんと生理がきます。
安心を得たい人にはとても価値のある薬です。

関連記事
ホルモン分泌を抑制する避妊薬と血栓の可能性 2020年01月15日

避妊薬によっては、ホルモン分泌を抑制して妊娠しないようにするものがあります。仕組みとしては、避妊薬を飲むと脳内で必要なホルモン分泌が行われたと判断されて排卵が起こらないようにするものです。ホルモン分泌を抑制する避妊薬を手に入れるには、医師から処方してもらうとよいです。この避妊薬には、副作用がありその...

次の生理を明確にする避妊薬はむくみの副作用がある 2019年12月17日

近年、避妊を目的として避妊薬が数多く使われています。また、避妊の目的のみならず、月経困難症や生理不順で悩んでいる女性にも多く使われています。次の生理がいつ来るか、基礎体温などで計って自分で予測を立てるのもいいですが、避妊薬を使えば更に明確になり、きっちりとした生理周期がわかるようになります。月経が開...

避妊方法の種類別の成功率について 2019年10月04日

現在世の中には様々な種類の避妊方法が存在しています。そしてどの種類の避妊方法も、ある程度高い成功率をほこっています。なので人々は安心してこれらの避妊方法を用いて、健全なセックスライフを送ることが出来るというわけです。それでは具体的にどの種類の避妊方法が成功率が高いものとして有名なのでしょうか。まず最...

排卵日前でも有効なのか避妊薬や避妊剤 2019年11月18日

避妊薬の効果を100%発揮するには、適切なタイミングで使用する事が欠かせませんし、失敗を行えば目的は達成出来ませんから、防ぎたい結果が予防出来なくなります。排卵日前から使う必要がある避妊剤は、避妊薬の中でも計画性が重要ですから、前もって使用を始める必要や、欠かさず生活に導入する意識が重要といえます。...

避妊薬以外の昔の避妊法と、IUDによる避妊について 2019年10月21日

最近の一般的な避妊方法には、避妊薬である「低容量ピル」を処方してもらって毎日服用したり、またはアフターピルを服用したり、男性の方ならコンドームを使うなどの様々な方法があります。避妊薬を使わない避妊方法では、昔の避妊法には「IUD」というものがありました。もちろん現在でもありますが、IUDは使用するの...